メール配信作る上で良い内容や工夫とは?

メール配信は簡潔に何を伝えるか

メール配信は配信している側が店をより多くの人に利用してほしいために配信するものです。企業からの広告のメールは削除しがちです。そこでまずは、開いてもらうことが大切です。メール受信で必ずみるのは送り主と何についてのメールなのかを確認するための件名です。一番メールで伝えたいこと、さらに食いつきそうな言葉を簡単にまとめて件名にすることです。メールの内容としても、まずなにが伝えたいのかを最初に簡潔に述べ、その店側のイメージを崩さないような雰囲気を大切にして文章を作りましょう。段落ごとに次の段落も読もうかなと思わせるインパクトのある文章を入れれば、少しずつそのメールに興味が読む側も湧いてきます。読む側の立場に置き換えて考えるとより良い文章が作成できると思います。

読みやすく、わかりやすく

メール配信ではただ予告や広告を文章に述べられても、調べなければならないという手間があり、そこも読む側が削除してしまう一つの要因だと考えられます。そこで、伝えたいことが詳しく掲載されているページのURLなどを載せるのも興味を持ってもらうための一つの手です。また。URLを載せすぎると、興味を持ったのはいいがどれを開いたら自分の見たいものが見れるかがわからない場合もあります。間違えたURLを開いてしまったら気分が落ちてしまうかもしれません。2~3個を簡潔な文と一緒に掲載するのが一番いいのではないかと思います。改行などをうまく利用しバランスが良く見やすいものを作成してみましょう。読む側がわかりやすく興味が持てるものを作りましょう。