メール配信者必見!メール配信をする上で気にすべき年齢層とは?

ターゲットを決めて配信しよう

メール配信を利用するときには安易に登録者全員に同じメールを配信するのはやめておきましょう。それが簡単なのは確かですが、ターゲットを決めて配信することでメール配信を活用するメリットが飛躍的に大きくなります。年齢や性別、住所などを条件にして配信する先を決めることが可能です。紹介したいサービスによっては高齢者向けのものもあれば主婦向けのものもあるでしょう。地域限定サービスの場合や限定クーポンの配布の場合もあります。自分がサービスの対象となっていないのにメールが配信されてくると消費者はストレスを感じてしまいがちです。このメールで恩恵を受けるのはどのような人かを考えて配信するように心がけるのが重要と言えます。

年齢層でターゲッティングをする意味とは

年齢層に着目してターゲットを決めるのは効果的な方法で、メールでどんな内容を配信するのかを考える上でも役に立ちます。シルバーウィークだから高齢者向けにサービスをしようという考え方もできるでしょう。キャラクターなどを使って子供向けの情報発信をして親に買いたいと伝えさせることもできます。主婦層に向けて食品のセール情報を発信したり、世代に合わせて考えたファッションコーディネートの情報を伝えたりすると購買意欲を高めることが可能です。消費者も自分向けの情報が提供されていると感じて、メールが配信されるたびに熟読してくれるようになると期待できます。年齢はどのような嗜好があるかを考えやすい基準なので積極的に活用してターゲッティングをしましょう。