誰も読んでくれない!?そのメールの適切な年齢層とは?

情報を届けたい相手のイメージを決めよう

商品やサービスの情報をメールで発信するとき、その情報を届けたい相手がどんな人物なのかイメージを想定しましょう。具体的には、年代や性別を具体的に決定します。「30代の女性」などと決めることで、自然とメールの内容が限られます。このようなイメージの想定をせずにメールを編集すると、焦点が定まらないぼやけた内容になりがちです。結果として、誰にも読まれずに削除されることも少なくありません。メールを送る相手のイメージは年代と性別だけではなく、結婚歴や子どもの有無、リピーターなのかどうかもふくめて想定しましょう。メールで誘導したい商品やサービスが多種多様な客を想定しているなら、メールの内容も複数用意するとよいでしょう。

相手のイメージが決まるとメール内容も決まる

メールを送信する相手のイメージを想定できたら、ある程度はメールの内容も決まります。ここでの内容とは、具体的な情報はもちろん文章表現もふくみます。相手が20代の女性と50代の男性では、表現を変えるべきなのは明白です。また、商品やサービスに対する知識量でも情報の濃さや文章表現を変える必要があります。こうした想定イメージをもとに、メールのタイトルをよく考えましょう。しっかりと読んでもらうには誰から送られたメールなのかが大切ですが、タイトルもかなり大切です。想定した相手の関心をひくようなタイトルを厳選しましょう。注意点として、相手に誤解させる(過度に期待させる)ようなタイトルは避けてください。タイトルとメール本文の内容が合っていないと認識されると、印象を悪くするおそれがあります。

メール配信APIは、自社システムと連携して大量のメールを送信できるシステムです。APIとは、アプリケーションがサービスを利用するためのインターフェース、簡潔に言えば橋渡しのような役割です。